雰囲気によって異なるインテリア

伝統和風の部屋は和風の部屋の要となる柱が見える真壁と土壁、畳が配置されています。欄間や床の間が備わっていて、格調高い和風のインテリアが多いです。

モダン和風の部屋は御影石や畳の床、無垢の柱を配置しながらも正面のカウンターなどにモダンさを上手に取り入れます。重たい印象を与えがちな黒御影石と明るい色合いの無垢材を上手く組み合わせたインテリアが多いです。

南欧風の部屋は、スペインや南フランスなど地中海と接しているエリアで良く目にするインテリアとなっています。近頃の洋風建築の中でも人気のあるムーブメントです。特徴としては素焼きしたタイル床や白をベースにした塗り壁、中間色から多少濃い色合いのドアやフローリングを取り入れることが多いと言えます。明るさをキープしながらも、温かさを感じられるインテリアです。

北欧風の部屋はノルウェーやスウェーデン、デンマークといったスカンジナビア地方をメインとしたエリアで良く目にするインテリアになります。白をベースとしたシンプルさと明るい色合いのパインなど無垢板による自然さが注目されがちですが、モダンな要素を取り入れないと馴染みません。白い壁にするだけではなく窓枠にも白色を採用することによって、統一感を演出したり直線を多用した空間にすることが重要です。そのようにすることによって色合いが特徴的な家具や曲線が効果的に生きてきます。

日本国内で洋風の住まいというと、アメリカ風のジョージアンやイギリス風のインテリアが主流でした。現在でも洋館と、言うとそのような伝統的な印象の部屋がメインです。化粧飾りが施されたドア枠や丸みがある濃い茶色の手すりなどが豪華さを演出してくれます。

シンプルモダンの部屋は直線と白、明るい色合いの建材を利用します。ドアや床については、木目が出来るだけ目立たない建材を使うのが良い方法の1つです。照明器具なども装飾はあまり付けずに、四角い形や丸い形のシンプルなシーリングかダウンライトなどを設置するのが良い方法になります。

ニッピコラーゲン100の評判や良い口コミ

タイトルとURLをコピーしました