インテリアは床と壁などの素材と家具も一体感を出せれば最高です

インテリアといえば簡単な事例では部屋に設置する家具類やその配置、ラグマットなどを気にすることが多いのではないでしょうか。他にも雑貨類や壁掛けアートなどを用いて自分好みにカスタマイズすることも行われています。もっと手を加えたインテリアに仕上げるには、床や壁、照明器具などにも目を向けることが良い結果を生み出せます。お金は掛かってしまいますが、最高な状態にするには部屋全体をトータルコーディネートしてみることもおすすめになります。床材はフローリングの場合は、簡単に張り替えすることが難しく、6畳間の場合は安くても6万円から8万円程度の料金が掛かります。もしも既存のフローリングの色を変えたい場合は、張り替え以外でもCFを敷くという方法もあり、こちらは1万円代でも対応可能です。壁は普通のクロスであれば色を変更する方法は張り替えの他、水性塗料でクロスの上に塗装をする方法、漆喰を塗るという方法まであります。照明器具は普通のシーリングライトでも構いませんが、壁側に間接照明を付けると、これだけでも随分とインテリアを変えることができます。後は家具類を充実する方法です。家具類はベッドやキャビネット、書棚やテレビボードなど室内空間によって設置するものが変わりますが、インテリアを統一させるには、全ての家具類の色を合わせることや、風合いや素材を合わせる方法は欠かせません。北欧家具なども非常に人気があるので薄い色の木目で統一する方法や、いわゆるホワイト家具と呼ばれているものに統一する方法、男性であればブラック系で統一する方法も効果的ではないでしょうか。インテリアのコーディネートをしても細かな場所までチェックしてみると、全てを完璧にしたと思っても窓枠のサッシがインテリア的に合わないという事例もあります。サッシは交換するには多額の費用が掛かってしまうので、もしも色を変えたいという場合のテクニックは、曲面にも綺麗に貼れるラッピングシートを用いて貼り付ける方法でも細かな部分にまでインテリアを統一できます。

タイトルとURLをコピーしました