快適な睡眠を手に入れられるインテリア選び

自分が思い切りリラックスすることができる空間を作ることも、インテリアを設置する上で非常に重要な要素となっていきます。特に一日の1/3の時間を過ごすといわれている寝室は、睡眠の質を高められるインテリア家具を設置しないと、たっぷり眠ったはずなのに翌朝は体が痛くだるい、日中に眠くなってしまうといったトラブルが起こる可能性があります。

そこで良質な眠りを手に入れるためには、寝室をインテリアという視点を見る場合床や壁、窓などの空間を工夫することや、照明器具や生活小物を工夫すること、そして寝具やカーテンなどのファブリックの工夫といった3つのポイントを押さえることが重要になります。

まず空間の工夫では、眠りの環境として大事だと考えられている温度と湿度の管理を行います。室温調整を行う方法として加湿器や除湿機を設置したり、壁や窓のサッシを交換することで断熱性アップや、調湿効果のある壁素材を使用することで寝室の環境改善を行うことが出来ます。床には冷たさや音を吸収する効果のあるカーペットの使用も効果が高いといわれています。

照明器具や生活小物の工夫はリラックスできる空間を作る上で重要なポイントであり、間接照明をベッドサイドに設置すれば温かみと柔らかみのある照明で就寝前にリラックス効果を与えることが出来ますし、サイドテーブルやお気に入りの椅子といった生活小物をベッドの側に置くことで、就寝前と目覚めのひとときを豊かに過ごすためのインテリア家具として活躍してくれます。寝具やカーテンといったファブリックの工夫には、定期的に季節感のあるコーディネートが手軽に行えるメリットがあるので、部屋の模様替えを手軽に行いたい場合にもおすすめです。

寝具は夏は涼しく、冬には暖かく過ごすためにも素材や肌触りに気を使って選ぶことが大切です。季節に合わせて寝具の色合いも衣替えのように変えると、良質な睡眠をとることができる部屋づくりを行えるメリットを持っています。

タイトルとURLをコピーしました